プロフィール

兵庫県南あわじ市に生まれ、洲本中学、洲本高校、一橋大学経済学部を卒業、
大蔵省入省。
米国ハーバード大学で経済学博士号を得る。博士論文の一部が「Economic Development and Cultural Change」に掲載さる。

昭和41年、米国ワシントンのIMF(国際通貨基金)に出向、インドネシア政府経済顧問として特命派遣され、インフレを鎮静化、財政を立て直す。


昭和47年、日中国交回復に参画、日中航空協定締結のため北京に1ヶ月滞在。

昭和49年、国税庁直税部法人税課長。昭和54年、大蔵省国際金融局総務課長。

昭和55年、大蔵省大臣官房審議官。昭和56年、名古屋国税局長。

平成5年、衆議員議員当選(以後3期10年勤める)。厚生委員、災害対策特別委員。

平成7年、阪神淡路大震災発生後、政府に激甚災害特別予算を働きかけるなど、被災地の復興に全力を尽くす。被災地住民の支援に協力、千人鍋で温かい豚汁のサービスなども提供した。

平成9年、農水委員、行革特別委員、国会移転理事。

平成10年、建設委員会理事

平成11年、大蔵委員、農水委員会理事。

平成12年、金融再生総括政務次官。

平成13年、予算委員会委員、災害対策特別委員会理事。

平成14年、予算委員会理事。

平成15年、文部科学副大臣。

平成18年より国民新党支部長として積極的に活動している。

現在、東北福祉大学特任教授、
日本国際通商支援協同組合理事長、
日本文字文化機構副理事長

趣味は読書、囲碁、ゴルフ。

座右の銘は「人生はたゆまぬ努力だ」



●戻る